結婚できる女性と結婚できない女性は、何が違うの?


「私のほうがキレイなのに」

と憎まれ口のひとつも叩いてみたくなる。

「あなた美人なのに、どうして結婚しないの」と問われ

「結婚できるくらいなら、とっくにしてる!」と叫びたくなる。



大丈夫。安心してください。
言語心理学者であり、
人間関係について研究してきた専門家として
言わせてください。

あなたはちゃんと結婚できます。
それも幸せな結婚が――


しかし、今のまま何も対策を講じなかったら
一生結婚できないでしょう。

なぜなら、結婚は一生の一大事なので
相手だってあなたを慎重に吟味します。

だから「勘違いや勢いで結婚してくれた」
なんて期待できないからです。


恋人はできるのに、
なぜか結婚に至らずに別れを繰り返す人がいます。

あるいは、彼氏もできず、出会いにも恵まれず
寂しく枯れていきそうな「おひとりさま」もいます。

「おひとりさまの老後は孤独で寂しい」と知っていても
どうしたら現状を打破できるのかわからない。



そんな「結婚できない女」たちの共通点は「勘違い」


男性が結婚相手に何を求めているのかを気にせず
見当違いな「自分磨き」に精を出したり
「結婚生活はこうあるべき」などと
自分の考えを押し付けようとしたりします。

結婚は相手あっての出来事なのですから
その相手に「こんな人となら結婚したい」と
思ってもらわなければなりません。

結婚したいのに結婚できない女性は
たいていどこかで「結婚相手として望まれにくい意識」を
身につけてしまっています。

そんな意識を最適化するためのプログラムが

『伝授!潜在意識浄化法』


あなたの内面を魅惑的なまでに磨き上げる
潜在意識トレーニングは、
見せかけではない、本物の魅力を育ててくれます。

手遅れにならないうちに、今すぐ始めましょう。


ただし、ひとつお願いがあります。

言語心理学者である私は
潜在意識レベルで本当の魅力を引き出すことのできる
世界でも数少ない専門家であると自負し
プロ意識をもって指導にあたっています。

ですから、本気の人だけに本気で教えたいのです。

お試し気分の中途半端な気持ちの人のお手伝いなど
したくありません。

厳しいようですが、これが私の本音です。

本気で結婚したいなら、あなたを歓迎します。


セミナーに申し込む←今すぐに、幸せへの一歩を踏み出したい方は今すぐこちら(『伝授!潜在意識浄化法』セミナーをオンラインで受けてみる)





結婚に関するQ&A

Q1.「結婚は運」って本当?
Q2.「結婚したいなら、これだけは守ったほうがいい」というポイントはありますか?
Q3.何度やっても結婚に失敗する(離婚を繰り返す)のはなぜ?
Q4.結婚できない自分が嫌になります。アドバイスをお願いします
Q5.結婚相談所は効果がありますか?
Q6.結婚以前の人間関係についてご相談させてください。人間関係にトラブルがあると結婚できませんか?
Q7.セックスが好きじゃない(というか気持ちよくない)のですが、結婚できないこととセックスには何か関係がありますか?
Q8.真剣に結婚を考えています。同じように真剣な人を見つけるにはどうしたらいい?
Q9.結婚できたとしても、ずっと愛されないのはイヤなんです。どうしたらいい?
Q10.結婚しても仕事を辞めたくないという気持ちが強いと、結婚できませんか?
Q11.結婚したいなら、簡単にセックスしないほうがいいって、本当ですか?
Q12.お見合い結婚と恋愛結婚の違いって?
Q13.世の中に、結婚についての信頼できる情報が少なすぎる
Q14.結婚と恋愛は別ですか?





Q1.「結婚は運」って本当?


「運は自分で切りひらくもの」という意味なら、そのとおりです。

しかし、「結婚は運だから、必死に努力してもムダ」という意味なら、違います。

つまり、恋愛心理学や進化心理学の考え方では、「結婚運は自分の努力で高められる」のです。

私たちは、生まれてから現在までの数十年間で、周囲からさまざまな刺激を受け、心の大部分である無意識(潜在意識)の領域を作り上げています。

その内容によって、結婚できる人と結婚できない人が決まってきます。

でも、心配はいりません。経験によって無意識の内容が作られるということは、今からいくらでも変えられる、ということだからです。

おそらくあなたの周囲には、さほど努力をしている様子もなく、あっさり結婚してしまうような女性がいて、そういう人を見ていると、「私が結婚できないのは、運が悪いから、出会いがないから、タイミングが悪いから」などと、自分とはあまり関係のないところに原因を求めたくなりますよね。

でも、あっさり結婚してしまう人が、あなたと同じとはかぎりません。過去数十年の経験によって、結婚に恵まれる潜在意識の状態になっていたからこそ、幸せな恋愛をしたり、プロポーズをされたりしやすいわけです。

大丈夫。私は男女の人間関係を扱う心理学の専門家として、結婚を望むあなたの力になるつもりです。

「結婚運は、自分の努力で高められる」と覚えておいてください。具体的にどんな努力をするのかは、おいおいお話ししますから。




Q2.「結婚したいなら、これだけは守ったほうがいい」というポイントはありますか?


あります。

それは、「一生結婚できないかもしれない」という不安を口に出さないように決心することです。

不安はわかります。でも、言葉には出さない。

なぜなら、言葉にした途端、潜在意識下の思い込みが強化され、知らず知らずのうちに不安が現実になる方向へと行動してしまうからです。

私たちの潜在意識には、そういう仕組みが備わっているのです。

ですから、すでに結婚をしないことに決めたのであれば別ですが、そうでないとしたら、「私、このまま一生結婚できないかも」などと言葉に出すのはやめましょう。

では、日記に書くのは?

論外です。

これからあなたが魅力向上コンサルティングの文章を読み、トレーニングをしていくうちにわかってくると思いますが、日記に愚痴や不安を書き連ねるのは、自ら不幸を招く行為です。

どうしたら幸せを招くことができるのか、その方法は私が教えますから、とりあえず「不幸を招く行為」は今日をもってやめにしましょうね。



Q3.何度やっても結婚に失敗する(離婚を繰り返す)のはなぜ?


まずそこに気づくことが大切です。

「似たことを繰り返しているなぁ」と気づくこと。

そして、自分自身の中に原因を求めること。

結婚をはじめとする男女関係でも、一般的な人間関係でも、自分が関わっている以上、「人間関係がうまくいかないのは自分のせいではない」と考えるほうが不自然です。

確かに、「結婚直前まで行ったのに、なぜか破局」「結婚はしても、離婚を繰り返す」といったケースは多いですよね。

なのに、「きっと相手と合わなかったから」「運命の人と出会えていないから」と、相手のせいにしているうちは、本物の「運命の人」となんて出会えません。

スタートは、「私のどこがまずいのだろう」「どこに問題があるのだろう」という見方を身につけること。

もっとも、たとえ自分に原因を見いだす姿勢はあったとしても、「美人じゃないからモテないんだ。美容整形をしよう」と美容整形手術を繰り返すような誤った方向へ進んでしまう人もいますから、注意は必要です。

美容整形みたいな方法で、「お金を払えば幸せが手に入る」という方向は、ある程度自由になるお金が増えると考慮したくなる気持ちはわかりますが、「ありえない」と思ってください。

いつもお話ししているとおり、外見的魅力は入り口にはなりますが、「美人だから結婚する」というモチベーションにはならないのです。

また、ここでいう外見的魅力とは、「動的な魅力」のことです。姿勢や表情のことですね。

生まれもった「面相」や「造作」ではありません。

その証拠に、「あの子よりも私のほうが美人だと思うけど、どうしてあの子はモテるの?」と不思議に思うような場面がけっこうあるでしょう?

外見的魅力を育てる方法についても、いつも無料メルマガ『魅力革命』の中でお話ししていますね。

これからも、幸せな結婚ができる方法をお教えしていきますから、しっかり読み込んでくださいね。




Q4.結婚できない自分が嫌になります。アドバイスをお願いします


大丈夫ですよ。

「べつに結婚したいと思わない」とか「結婚する意味がわからない」なんてことを口にしないかぎり、結婚できる方法は必ずあります。

ただし、あなたには結婚によって幸せになってほしいので、大事なアドバイスをしておきます。

大事なアドバイスとは、「結婚する方法はある」といっても、結婚そのものが目的ではない、ということです。

つまり、「結婚さえできれば、相手は誰でもいいし、どんな不幸になってもいい」というわけではありません。

当たり前ですよね。

わかりきったアドバイスです。でも、当たり前なのに、「とにかく結婚したい」という気持ちばかり募ると、こんな当たり前のアドバイスさえ忘れてしまうことがあるのです。

愛する人に愛されてこそ、幸せな結婚ができます。

「愛と結婚は別もの」みたいなバカげたことを信用してはいけませんよ。

進化心理学的に見ても、女性にとっては――愛すると同時に――「愛される」という受動的な想いがきわめて大切です。

あなたが結婚できる方法だけでなく、心の底から愛される素敵な女性になる方法を教えますから、必ず「実践」してくださいね。

大切なのは、頭でわかった気になることではなく、実際にやることですよ。




Q5.結婚相談所は効果がありますか?


ほとんどありません。ただ、勉強にはなります。

結婚相談所や「真剣な出会い」を謳ったサークル等を主宰なさっている方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。営業のじゃまをするつもりはありません。

ただ、少なくとも私のところに相談に来てくれたクライアントや、縁あってウェブサイトを訪れてくれた、真剣に幸せな結婚を望んでいる方には、真実の姿を見せることをお許しください。

「(結婚相談所に相談する成果は)ほとんどありません。ただ、勉強にはなります」という言葉の感覚、経験者(結婚相談所に相談したことがある人)ならおわかりですね。

「えっ? 世の中にはこういう男もいるんだ」という驚きの連続だったでしょう。悪い意味で。

最初のうちは、「どうしてこんな好条件な男性が大勢登録しているの?」と大喜びするんですよね。年収が1千万円以上、職業も医師や弁護士なんていうのがゴロゴロいる。

しかし、会ってみたら、ひどかったでしょう?

結婚できるかできないか、もっと言うと、まともな大人として人間付き合いができるかできないかは、年収や職業とはまったく無関係なのです。

「相手を選ぶつもりはない。どんな男性とであってもいいから、とにかく結婚がしたい」という女性であれば、結婚相談所に相談する意味はあると思います。

「世の中には、どうしても結婚できなくて困っている男女がいる。そんな男女を引き合わせるのが結婚相談所の役目」という意味であれば、確かに結婚できる可能性を提供してくれる場ではあるでしょう。

しかし、「幸せな結婚」をする場ではないと、はっきり言わせてください。

結婚できずに結婚相談所の門を叩くには、それなりの理由があります。

しかも理由はたいてい本人にあります。

ですから、「結婚できずにいる人」を一堂に集めてマッチング(集団見合いみたいなものですね)をすれば、適切なカップルが誕生する、というわけにはいかないのです。

通常の出会いであれば、好きだ嫌いだという感情が先に働きます(魅力向上コンサルティングの用語で「同調」といいます)。だからこそ、収入や年齢、学歴などは「考慮しないとは言わないが、場合によってはかなり妥協できる」ことになります。

簡単にいえば、「好きになってしまったから、年収1千万の希望に達していなくてもぜんぜんかまわない」という具合になる。

ところが、最初に「データ」で判断をするようになると、「感じる」能力が急速に衰えます。

「この人はどんな人なのか。私はこの人が好きなのか、そうでないのか」を感じる能力です。

だから男も女もデータのみに頼って対象をふるいにかけます。

男は年齢で女性をふるいにかけるし、女は年収でふるいにかけます。

これが典型例です。

また、しばらく適当な相手が見つからないと、男性は「なかなか見つからないから、条件を甘くしよう」と、高い年齢の相手にまで範囲を広げます。

女性は逆に、「ここまで待ったんだから、下手な男で妥協するわけにはいかない」と、条件をますます厳しくしています。

いずれにしても、自然な形ではありませんよね。

結婚できない原因は、「チャンス」ではありません。早く目を覚ましましょう。

自分の現状を変えないかぎり、仮にチャンスが目の前にあっても、モノにはできません。

私のクライアントが、かつて結婚できずに何年も、十何年も苦しんでいて、結婚相談所や出会いサークルなどありとあらゆる手段を試しても効果がなく、しかし自分を変えるトレーニングを始めた途端に複数の男性から交際を求められ、幸せに結婚している事実を考えてみてください。

よろしいですか? 幸せな結婚がしたいなら、探すのは「質の良い結婚相談所」ではありません。「自分の質を高めるトレーニングをするための時間」です。




セミナーに申し込む←今すぐに、幸せへの一歩を踏み出したい方は今すぐこちら(『伝授!潜在意識浄化法』セミナーをオンラインで受けてみる)